Powerd by GOV

           

検査だけじゃない!「音声入力」の意外な活用例!

『テキストを手入力するより、発話して入力した方が早い』

「音声入力」は、既にテキスト入力のツールとして浸透しています。
スマホ入力やキーボード入力が不慣れなご高齢の方をはじめ、大量の文字をデータ化したい場合の入力時間の短縮ツールとして、多くのシーンで普及しています。

音声入力が「入力ツール」として定着している今、音声を活用したシステムで色んなことができるのでは?

当社の「音声で検査する ゴビボイス」の活用例を考えてみた!

先ず「音声で検査するゴビボイス」の大きな特長は、

① 「バーコードやQRコード」を読み取ると、質問(作業指示)がスタート。
② Excelで作成した質問が画面に表示され、設定順に読み上げられる。
③ 各質問に発話で回答し、質問が全て終わると終了。

この特長を活かせば、検査以外のシーンでも使えるんじゃない?

検査だけじゃない!ゴビボイスでオリジナルのゲーム?!

例えば、

イベント会場などで一定期間だけ使用する簡易なアトラクション作りたい。
でも、その時しか使わないので大掛かりなシステムや機器は導入したくない。

そんなシーンで、ゴビボイスなら一体どんなことが出来るのか考えてみました(^^♪

ゴビボイスで出来るかも?『占い・診断ゲーム』

例えば、イベントに関連する内容で、こんな診断ゲームはどうでしょう?

「あなたにピッタリのキャラクターは誰?」

① 入場券のQRコードを読み取る。(固有番号あり)
② 表示される質問(テキスト・写真・画像など)に、選択式で回答する。
③ 全ての質問が終わると、結果が表示
④ 終了・結果はプリントアウト。

シンプルな占いゲームや、そのイベントに適したカンタンな診断ゲームなど、ゴビボイスでも作れそう!

ゴビボイスで出来るかも?『アンケート』

アンケートをWEB上で実施されることが増えています。
手書きは集計が大変ですもんね。
スマホで好きなタイミングで入力できるアンケートもいいですが、「アンケートに答えると何かサービスが受けられる」そんな場合って、その場でちゃちゃっとしたいのに、、、というシーンって意外とありそうでは?

特に、少し高めの年齢層がターゲットの場合、


「後でスマホ入力も面倒」
「紙の方がカンタンだから、紙で答えられたらいいのにな」

というご意見も意外と多いのではないでしょうか?

YES/NO回答や、
選択式、で進行するアンケート
なら
タッチレスの音声入力でちゃちゃっとその場で実施してもらいましょう!

Excelを使ったシステムだから表示画面も自由に設定可能!

Excelの画面デザインを上手く使って、上記のようなゲームやアトラクションやアンケートなどにも使用することもできそうです。

シンプルだからこそ、色んなシーンで活用できそう!!

ゴビボイスは「検査作業」に特化した音声認識を活用したシステムですが、
特長を活かして、検査以外の別のシーンでも色々活用できそうです!

お問合せはこちら

株式会社ゴビ
TEL:075-315-3693(平日10:00~17:00)Email:tecco@go-v.co.jp