RFID周辺技術の活用した、現場改善・作業支援について、いろいろ教えちゃいます!
           

手ぶらで作業!その③『カートを使用したピッキング作業をカイゼンする』

RFIDタグやウェアラブル端末などを活用して「手ぶらで作業(= ウェアラブル&ハンズフリー)」を行うことで、ミスの防止や作業効率のアップなど作業現場をカイゼンする手法
第3弾は、RFIDタグを使用したカートピッキングの活用事例をご紹介します。

→ 『手ぶらで作業!現場のお仕事カイゼンダー』
     生産システム見える化展(7/24-26)に出展します!

■作業シーン

物流センター、物流倉庫 など
カートを使用したピッキング作業/仕分け作業 など

■問題点

・ピッキング対象の間口が点在し、カートを押しながら、棚を行ったり来たりしてしまう。
・新たなシステムの導入には、配線工事など大掛かりな工事が必要な場合が多い。

カイゼン③ RFIDタグ:Flatnavi(フラットナビ) + RFIDリーダ
■Flatnavi(フラットナビ)とは?
 HF帯のRFIDタグを組み込んだマットを用いた通信システム。
 情報を取得したい箇所に敷くだけで、その場所の情報をピンポイントで取得可能!
※特許第6255618号
■活用方法


作業現場の床面に「ロケーション情報」を書き込んだRFIDタグ(Flatnavi)を敷設する。
通常使用しているカートの底面に、RFIDリーダを設置。
カートがRFIDタグ(Flatnavi)の上に来ると、リーダがRFIDタグに記載されたロケーション情報を取得し、このロケーションで必要なピッキングリストが表示される。

■カイゼンポイント

  ピッキングロケーションの把握には、タブレットや重量計とカートが一体化したピッキングカートシステムや、棚に設置するデジタル表示器、ゲート式表示器などのソリューションが存在します。しかし、いずれも導入は大掛かりになりコストもかさみます。
 この事例では、RFIDタグの導入で、既存の設備を活用しながら、比較的安価にロケーション把握による作業効率を上げることが可能です。

 カートの位置から、その位置ででやるべき作業、必要な作業のリストが表示されるため、倉庫内を無駄に動くことなく、効率的に作業を行うことが可能です。
 また、RFIDタグは電源不要なため、大掛かりな配線工事の必要もありません。
お問合せはこちら

株式会社ゴビ
TEL:075-315-3693(平日10:00~18:00)Email:tecco@go-v.co.jp